3つの技法 

1、マズル・コントロール

マズル・コントロールというのは、犬のマズルを優しくつかんで、上下左右に動かすというものです。
このように、背後からやるのが基本ですが、慣れてくれば前からでも、横からでもかまいません。
マズル(鼻っ面)を取られるというのは、実は犬にとって必ずしも気分のいいものではありません。だって、口と牙は犬の最大の武器ですからね。
でも、犬が飼い主に信頼をおいていれば、難しいことではありません。
マズル・コントロールだけで、問題行動が収まったという例も多く、基本の技です。
犬が嫌がるようなら、最初から無理をしてはいけません。 おやつなどを使って徐々にならしていきましょう。特に成犬になってから始める方は、とりわけ無理は禁物。

2、リーダー・ウォーク

リーダー・ウォークというのは、人間がリーダーシップを取って歩く、その歩き方です。
よく、犬に引きずられるようにして散歩している方をお見受けしますが、あれはいただけませんね。
あくまで、人がリーダーシップを取りましょう。
但し、リーダー・ウォークは、訓練でいうところの「ツケ」や「ヒール」(犬が人の真横に付いて歩く歩き方)とは異なります。
要は犬がリードを引っ張らなければいいのです。
リードが緩んでいればいいのです。
リードを引っ張るのでなければ、犬が人の右を歩いたり、左を歩いたり、前へ行ったり、後ろへ行ったりしても構いません。
リードの範囲で自由に動いてくれて結構。
リードを長く持てば犬の行動範囲は広がりますし、短く持てば狭まります。思い切り短く持てば、訓練でいうところの「ツケ」「ヒール」と同じ歩様になります。(この状態の時に「ツケ」と指示語を出して教えれば、犬は「ツケ」も同時に覚えます。お散歩道ではこのように、しつけを中心におこないながら、通りすがりに訓練的行動もやっつけてしまうのであります)。
但し、歩くスピード・向かう方向は全て人が決めます

そこでまず最初の段階では「リードが張ったら動けない」ことを犬にしっかり覚えてもらう必要があります。
そのための方法は「リードが張ったら動かない!」。これだけのことなんですが、意外と難しく感じる人が多いようです。つい、動いてしまうのですね。あるいは、リードを引っ張り返してしまう。
何もせず、ただ「動かない」だけでいいんです。
難しく感じたら、リードを両手で握って自分のおへその辺りにしっかりと固定してみてください。
で、リードが張ったら止まる! 動かない!
すると犬はしばらくは自分の行きたい方向へ人を引っ張ろうとしますが、やがて諦めます。するとリードが緩む。そうしたらあなたは、自分の行きたい方へと歩いてください。するとまた、犬が勝手な方向に行こうとしてリードが張る。すかさず立ち止まって、動かない!
「そんなことしとったら、全然散歩にならへんやないか!」、その通り、最初はほとんど動けません。「散歩にならない」のではなく、初めから「散歩になっていない」のですから当然です。
しばらく辛抱して、これを続けていると、犬は「リードが張ったら動けない」ということを覚えます。なぜ覚えるのかというと、「リードが張って動けない」状態は面白くないからです。
犬は面白いことをしたい、自分に都合がいい方を選びたいという欲求を持っています。人と一緒ですね! リードが緩むと歩ける、歩けると楽しい、そういうわけで、リードが緩んだ状態を好むようになるのです。
一旦、これを覚えると、犬は習慣性の動物ですから、ず~っとその状態になってしまいます。
時折、興奮してリードを引っ張ることがあっても、その時人が動かなければ、犬は「あ、そうだった! リードが張ったら動けないんだった」ということを瞬時に思い出しますから、大丈夫です。

これさえできるようになれば、人は好きな時に好きな方へと歩けますし、犬は犬で(リードの長さの範囲の中ではありますが)好きなように歩けますから、人も犬も楽しい散歩になるのです。

「お散歩道10か条」の5番目「リードは犬との心の絆」他を参照してください。

また、写真・動画も順次アップしていきますので、参照してください。

3、決めて実行

決めて実行とは、決断と実行と言い換えてもいいのですが、大事なことは「決めきる」ことなんです。

1、「決める」ことの重要性
一般に「決断」と「実行」では、決めるのは簡単だが、実行は難しいと思われがちです。
そうではありません。「決める」こと「決めきる」ことの方が数段難しいのです。
逆に、人は決めきってしまったことは、何が何でも実行するものです。

ひとつ、実例を挙げてみましょう。
「うちの犬は、子犬の時は玄関内のトイレシーツでオシッコしていたのに、散歩に出るようになってからは、外でしかしないようになってしまった。なんとかしてほしい」という依頼がありました。
解決策は簡単なんです。技術的には誰でも可能。散歩に出なければいいのです。
我慢できなくなれば、かつて経験のあるトイレシーツでするに決まっているのです。実に簡単。
ところが、私がそう提案すると案の定、飼い主は難色を示しました。
 まず、「可哀そう」。次に、「もし、膀胱炎にでもなったら…(;´・ω・)」
オシッコ我慢して、膀胱炎になった犬はいません。
(可哀そうなのは、むしろ飼い主。生活・行動が著しく制限されるからです。そして、可哀そうな飼い主に飼われる犬は、結局のところ不幸なんです。)
何とか飼い主を説得して、その日は散歩に出ないことを約束してもらいました。
ところが、飼い主から夜の9時頃に電話がかかってきました。「朝から一回もオシッコしてないんです! まだ、しません!」と。そこで、「今夜、一晩我慢して(飼い主がですよ)、それでもオシッコしなければ、明日の朝一番に外にお連れなさい」と助言しました。すると、飼い主の方も、そこで腹が決まったのでしょう。「そうします!」と力強いお言葉。
すると、10分もしないうちに再び電話がかかってきました。「オシッコしました~、玄関のトイレシーツで!」と。
要するに、飼い主が腹を決めた=「決めきった」、それが犬にも伝わるのです。それまでは、辛そうな顔で飼い主を見上げたり、ヒンヒン泣いたりして、外に連れてってもらおうとしていた犬も、 飼い主の決断を読んで諦めたわけです。
飼い主の方も「散歩に出ない」と決めたつもりではいたのです。しかし、「決めたつもり」と「決めきる」のでは、全然違います。その辺、犬は完全に読み切ってきますから、油断ができない(笑)。いや、ホント。侮れません。
だからこそ、こっちが決めきっているかどうかが、大問題なのです。 

2、決めることの、もう一つの意味
長い文章で申し訳ありませんが、大事なことなのでお付き合い願います。
「決める」ことのもう1つの意味、それはヴィジョンを持つことです。
理想を言えば、犬を飼い始める前に、できるだけ細かくビジョンを作成しておくことです。
例:「本や新聞を読んでいる時には、そばでおとなしくしている」「食事時は、足元で静かにしている」「来いと言ったら、すぐ来る」「ツケといったら、隣を歩く」「フリスビーで遊べるようになる」
とか、何でもいいのです。自分の生活スタイルに合わせて、「こういう犬なら理想的」という状態をあらかじめイメージしておくのです。
その状態から逆算して、半年後・1か月後・1週間後の様子をイメージします。
そこから今日は何をしたらいいかということが自ずと導き出されてきます。

「すでに犬を飼い始めている」という人でも、大丈夫。今からでも決して遅くはありません。
大事なことは飼い主がどんなイメージを抱いているのか、ということなんです。
実例をあげましょう。
「うちの犬、道にゴミが落ちていると必ず、私をそっちへ引っ張っていくんです」という方がいました。
リーダー・ウォークのやり方を教えたのですが、うまくいかない。よく見ていると、ゴミが落ちていると、飼い主はそちらをとても気にしています。「あ、ゴミだ。うちの犬はそっちへいってしまうかも・・・」という表情なんですね。「行ってしまうかも・・・」と思えば、犬は素直ですから、そっちへ行きますよ、そりゃ。
「しっかりリードを持っていれば、ゴミの方に行きませんから、ゴミの方を見ないように」と指示したところ、もう犬はゴミには見向きもしないようになりました。

このようにイメージをしっかり持つということは、とても大切なんですね。 
 
お問い合わせ
Go to Top